動画で分かる家庭の医学

病気や健康に関する動画を紹介しています。健康に役立つ動画も増やしていくのでお楽しみに。

【たけしの家庭の医学】全身の老化を止める体の中の靴ひもとは?

加齢とともに色々なところが衰えて健康寿命が短くなっていきますが、老化に関する最新の研究成果では人間の寿命を左右する『身体の中の靴ひも』が注目を浴びています。

一体、『身体の中の靴ひも』とは何なのでしょうか?

3017年8月22日放送の『たけしの家庭の医学』では、その靴ひもについて紹介されていました。

老化が止まって寿命が延びるなんて夢のような話ですが、さっそく見てみましょう。

f:id:korokorohouse:20170825090403j:plain

私たちの誰もが身体の中に持っているという靴ひもに、全身の老化を止めて寿命を延ばす力が秘められていることが最新の研究により分かってきました。

アメリカの分子生物学者エリザベス・ブラックバーン博士は、その靴ひもの最新研究により、今から8年前にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

その研究成果を記した1冊の本には、全身の老化を止め寿命を長くするキーワードに『靴ひも』とイラストとともに記されています。

f:id:korokorohouse:20170825091509j:plain

 

身体の中の靴ひもとは?

靴ひもと言われてもピンときません、それではその靴ひもとは何なのかを写真で見てみましょう。

これは、若い健康な人の肺の細胞を拡大した顕微鏡写真です。

どうですか、本当に靴ひものように見えませんか?

f:id:korokorohouse:20170825092042j:plain

 

この赤い部分の医学的正式名称は『テロメア』と言いますが、これこそが私たちの寿命を左右するいちばん重要な部分だと言われています。

f:id:korokorohouse:20170825093312j:plain

 

テロメアの変化

若い人と歳を重ねた人のテロメアを見てみると、ご覧のように赤い部分がかなり少なくなってしまっています。

テロメアは年をとるとともに徐々に短くなってしまい、それが寿命と関係していると言われています。

f:id:korokorohouse:20170825092804j:plain

 

更に近年、このテロメアが短くなることが様々な病と関係していると、世界中の研究者から報告が上がっています。

f:id:korokorohouse:20170825093113j:plain

 

テロメアとガンの関係

癌研究のスペシャリスト、愛知県がんセンター研究所の松尾先生のお話しだと、テロメアが短いと長い人よりもガンになるリスクが3倍から4倍も高いのだそうです。

つまり、テロメアの長さを長く保つことができれば、ガンの発症リスクを低く抑えることができて、がんの予防効果が期待できます。

f:id:korokorohouse:20170825094135j:plain

 

テロメア動脈硬化の関係

血管のスペシャリスト、日本動脈硬化学会理事の横手先生のお話しでは、テロメアが短くなることで動脈硬化が進んだり、動脈硬化が進むことでテロメアが短くなることがあるそうです。

動脈硬化心筋梗塞脳梗塞など命にかかわる病の元凶、その動脈硬化を予防する一つとしてテロメアの長さを維持することが重要なのだそうです。

f:id:korokorohouse:20170825095022j:plain

 

テロメア認知症

認知症治療のスペシャリスト、日本認知症学会理事の遠藤先生のお話しでは、テロメアが短いと脳機能が低下する、また、海馬が萎縮すると言った報告が出てきているそうです。

テロメアの長さを保てば、脳の萎縮をストップすることができ、物忘れの予防につながる可能性があります。

f:id:korokorohouse:20170825095427j:plain

 

テロメアの長さを保つには?

アメリカ、カルフォルニア大学サンフランシスコ校では、世界をリードするテロメアの研究が行われています。

ここには、テロメアの研究でノーベル医学生理学賞を受賞したブラックバーン博士と共同研究者のエリッサ・エペル教授がいます。

f:id:korokorohouse:20170825100349j:plain

 

エペル教授にお話しを伺ったところ、最近の研究から日々の生活においてある事をするとテロメアが短くなるスピードを緩めることができる結果が得られたそうです。

これにより、テロメアを長く保つことができる証明となりました。

とても気になるある事とは何なのでしょうか?

と、その前にテロメアについてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

テロメアが短くなると寿命が短くなるのは何故か?

私たちの身体の中には細胞が約60兆個あると言われています。

その1つの細胞の中を覗いてみると、ご覧のように靴ひもが46本並んでいます。

f:id:korokorohouse:20170825105711j:plain

 

靴ひもが短くなるというのは、先の方のテロメアが短くなって端がバラけてきて寿命が短くなることが分かっています。(あくまでもイメージ)

この靴ひもは1本でも壊れてしまうと駄目になります。

f:id:korokorohouse:20170825110214j:plain

 

そのテロメアは、細胞分裂が繰り返し起こることで徐々に短くなってしまいます。

数百回、分裂が起きるとギリギリのところまで短くなってしまいます。

f:id:korokorohouse:20170825111049j:plain

 

その時点で、テロメアから細胞分裂を止めるように命令が出て、細胞は分裂ができなくなります。

f:id:korokorohouse:20170825111744j:plain

 

そうなると、古い細胞が生き残ってしまい、新しい細胞ができなくなるので肌が薄くなったりします。

f:id:korokorohouse:20170825112048j:plain

 

新しい細胞が作られなくなると、全体として機能が悪くなって老化が進んでしまいます。

f:id:korokorohouse:20170825112455j:plain

 

つまり、テロメアが短くなることが老化を進める原因の一つで、その老化の先に待ち受けているのが、ガンや動脈硬化など命に関わる体の異常です。

f:id:korokorohouse:20170825112804j:plain

 

テロメアは誰でも短くなりますが、同じ年齢でもテロメアが短い人と長い人がいます。

テロメアが短いと病気になりやすく、テロメアが長い人はなりにくいのです。

なぜ、テロメアの短い人と長い人との差が生まれるのか?

この差の原因の一つに『物事の考え方』があります。

同じ出来事でも受け止め方によって、テロメアが短くなるスピードが違うということが先ほど紹介した、カルフォルニア大学のエペル教授の最新の研究によって分かってきました。

f:id:korokorohouse:20170825130422j:plain

 

あなたのテロメアの短くなるスピードは?

f:id:korokorohouse:20170825130836j:plain

 

ここでいきなりですが、あなたのテロメアの短くなるスピードを調べてみましょう。

速いのか、遅いのか、簡単な3つの質問で分かるので実際にやってみて下さい。

 

 

第1問

お孫さんが久しぶりに家に会いに来ました。

用意してあったプレゼントをあげたのですがあまり嬉しくないようです。

こんな時、あなたはどう思います……?

f:id:korokorohouse:20170825131424j:plain

次の2つの中から選んで下さい。

A.失敗したと後悔する

B.孫の好みがわかって良かったと思う

 

第2問

友だちと小旅行に出かけることになりました。

普段はあまり運転をしないペーパードライバーですが、運転を買って出ました。

するといきなり……目測を誤り壁に接触、車にちょっとした傷ができました。

こんな時、あなたならどう思います……?

f:id:korokorohouse:20170825132330j:plain

次の2つの中から選んで下さい。

A.運転しなければよかったと後悔

B.傷は気にせず旅行を楽しむ

 

第3問

最近、胃に痛みを感じるようになりました。

ちょうど健康診断のお知らせが届きました。

こんな時、あなたならどう思います……?

f:id:korokorohouse:20170825133032j:plain

次の2つから選んで下さい。

A.悪い病気が見つからないか心配になる

B.どこが悪いのかしっかり検査しようと思う

 

この問診で分かるのは、物事をネガティブに捉えやすいか、ポジティブに捉えやすいかということで、先ほどの質問では全てAがネガティブ、Bがポジティブということになります。

 

さて、この問診を見ると、ネガティブな人がテロメアが短くなるのではないかと想像したのではと思うのですが、まさにその通りで、物事をネガティブに捉えがちな人はポジティブな人よりもストレスが多く、テロメアを短くしてしまう可能性があります。

f:id:korokorohouse:20170826200617j:plain

 

今回の問診で1つでもネガティブな答えを出した方は注意が必要ですが、その中でもより速くテロメアを短くしてしまう回答があったのですが分かりますか?

それは……3番目のA.悪い病気が見つからないか心配になるなんです。

これは、何度も出てくるエペル教授の面接ダブルストレス検査という研究から分かったことなのですが、まだ物事が起きていないのに悪い未来を先読みしてしまう悲観的な考え方をしてしまう人のほうがテロメアがより短くなってしまうのです。

f:id:korokorohouse:20170826202503j:plain

 

さて、番組ではネガティブに捉える人とポジティブな人とのテロメアの長さの差を検証していました。

先ほどと同じ3番目の問診を4人の方にした結果がこちらです。

これを見ると一目瞭然ですよね。

f:id:korokorohouse:20170826203446j:plain

 

テロメアを長く保つ方法

さて、これまではテロメアについて紹介してきましたが、テロメアが短いと寿命も短くなるのは分かった、じゃあ、長くするにはどうすれば良いんだとツッコみたくなると思います。

もちろん、それも番組で放送されていたので紹介しますね。

これであなたも、ご長寿の仲間入りです。

f:id:korokorohouse:20170826204345j:plain

 

マインドフルネス

f:id:korokorohouse:20170826204607j:plain

 

あまり聞いたことのない『マインドフルネス』ですが、これを行うことでテロメアをのばすタンパク質を分泌すると期待されています。

マインドフルネスとは直訳で『心を満たす』ということになりますが、アメリカではこのマインドフルネスを取り入れている企業なども少なくありません。

日本でも、うつ病や慢性痛に効果が期待できると用いられ始めています。

 

マインドフルネスのやり方

1.背筋を真っ直ぐにして座る

f:id:korokorohouse:20170826210113j:plain

 

2.目を閉じる

f:id:korokorohouse:20170826210252j:plain

 

3.手は楽な位置に置く

f:id:korokorohouse:20170826210421j:plain

 

4.普段どおりに呼吸をする

f:id:korokorohouse:20170826210553j:plain

 

5.呼吸の音を聞く

f:id:korokorohouse:20170826210723j:plain

 

実際に呼吸の音が聞こえなくても、聞こうとする意識を集中して、今吸っている。今吐いているという呼吸に意識を集中させます。

 

6.3分間おこなう

f:id:korokorohouse:20170826211147j:plain

 

これを、1日に何回やるとかの決まりはないが、毎日、複数回することをおすすめします。

 

呼吸に意識を集中するとなぜテロメアの長さをコントロールできるのか?

マインドフルネスをするとストレスが軽減されて、ストレスが軽減されるとテロメアを守ってくれることが分かってきました。

つまり、テロメアを短くしてしまうストレスを減らすことが期待できるのです。

f:id:korokorohouse:20170826211849j:plain

 

マインドフルネスを体験

番組では実際にマインドフルネスを検証した女性の方を紹介していました。

6日間の検証を行ったところ、ストレスに驚くべき結果が……。

 

f:id:korokorohouse:20170826213107j:plain

f:id:korokorohouse:20170826213122j:plain

 

ストレスの軽減をしめす、副交感神経のほうが交感神経よりも優位で、ストレスが軽減されていたのです。

副交感神経を優位にする生活習慣は、ストレスを軽減させてテロメアにも良い影響を与えて老化予防に効果的です。

誰にでも、今すぐにできるマインドフルネス、あなたも今日から続けてみてはどうでしょう。