動画で分かる家庭の医学

病気や健康に関する動画を紹介しています。健康に役立つ動画も増やしていくのでお楽しみに。

【たけしの家庭の医学】身体の不調や病気の新原因は腸漏れだった!?

腸漏れ……聞きなれない言葉ですが、色々な病気や体調不良の原因がこの腸漏れにあるかも知れません。

腸漏れとは、腸の中の毒素が腸の外に漏れ出して血液の中に入り込んでしまうこと。

この毒素によって、様々な症状を引き起きてしまっているんです。

2017年8月22日放送の『たけしの家庭の医学』では、この腸漏れについて紹介されました。

もしかすると、あなたの体調不良や病気も腸漏れが原因かもしれませんよ。

f:id:korokorohouse:20160112160321p:plain

 腸漏れは、ここ数年によって新たに解明されてきた病態の一つで、様々な疾患とこの腸漏れとの間に因果関係があることが分かってきました。

番組では何らかの体の不調を抱えている40代から60代の20人の方に腸漏れ検査をお願いしたところ、なんと18人の方に腸漏れの疑いがあることが分かりました。

 

f:id:korokorohouse:20170823194246j:plain

腸漏れとは?

腸漏れとは医学名でリーキーガットと言います。リーキーとは漏れるという意味で、ガットが腸、文字どおり腸漏れということになります。

横浜市立大学大学院 肝胆膵消化器病学教室 主任教授の中島先生の話によると、腸漏れは食べ物を分解して栄養分を吸収する小腸で起きているのだそうです。

 

f:id:korokorohouse:20170823195526j:plain

腸の壁を拡大すると、イラストのように腸の外側には血管があり、細胞が壁を作って1列にきれいに並んでいます。

通常、その腸の壁は、腸内にある細菌や毒素が外に漏れ出さないようにバリアの役割を果たしています。

しかし、何らかの原因で腸の壁に炎症がおきると壁が弱くなって細胞に隙間ができ、悪玉菌が出す毒素や細菌が血管の中に流れ込んでいって全身に運ばれていってしまいます。

それによって、様々な不調が全身に渡って引き起きてしまうのが腸漏れです。

 

腸漏れで命にかかわる病気になるかも!?

番組では神奈川県に住む72歳の女性の方の事例が紹介されていました。

その方に次々と襲いかかった4つもの病とは……。

f:id:korokorohouse:20170823195855j:plain

番組では再現ドラマで紹介されていましたが、ズバリ要約すると、

まず最初に襲いかかった病は、今から17年前に突然発症した喘息、さらにその5年後には健康診断で糖尿病が発覚、さらにその2年後には脳梗塞に突然襲われ左半身麻痺になり車椅子生活になってしまいました。

さらに追い打ちをかけるかのように、今から5年前の67歳の時にはある日突然、敗血症に襲われてしまうのです。

 

f:id:korokorohouse:20170823200241j:plain

敗血症とは、細菌などが血液の中に入り込み全身に周り、炎症を起こしてしまう病気で、最悪の場合は死に至る恐ろしい病です。

喘息、糖尿病、脳梗塞、敗血症のこれら4つの病は、腸漏れによって毒素や細菌が血管に入り全身に運ばれて、肺や血管など様々な場所で炎症を起こし発症したのです。

 

腸漏れによって血栓が起きる様子

f:id:korokorohouse:20170823200606j:plain

血栓(けっせん)、自分には関係ないと思っていても誰もが一度や二度は耳にしたことがあると思います。

その血栓ができる様子が実際の映像で紹介されていました。

血管の中を流れてくる細菌が途中で詰まってしまい山盛りになって、血液の流れを遮ってしまっている様子が見て取れます。

血栓ができると、血管に炎症が起きて動脈硬化が進んだり、血栓が剥がれて脳に運ばれてしまい脳梗塞になることがあります。

 

腸漏れの予防・改善が期待できる2つの方法

短鎖脂肪酸が多く含むお酢と、身体の中で短鎖脂肪酸に変わる食物繊維を摂取することで腸漏れの予防・改善が期待できます。

1.お酢

アメリカの論文で、お酢に多く含まれるある物質が腸の細胞を活性化させ、結果、腸漏れを防ぐ働きをすることができると報告されました。

また、世界的賢威を誇る雑誌、ジャーナル・オブ・ニュートリションには、お酢に含まれる物質が腸粘膜のバリア機能を促進させたとの研究結果が報告されています。

その物質とは短鎖脂肪酸のことで、この物質は腸のお花畑・腸内フローラをキレイに保つために必要不可欠な栄養素の一種です。

f:id:korokorohouse:20170823200757j:plain

 

短鎖脂肪酸が多く含まれているお酢は、最近では種類も多いのですが、特に多く含まれているのがバルサミコ酢、白ワインビネガー、リンゴ酢ですが、どのお酢にも多く含まれているので効果の期待はできます。

 

2.食物繊維

 短鎖脂肪酸を増やすには野菜(食物繊維)を多く摂ることが必要です。

食物繊維は腸内に入ると、腸内細菌によって分解・発酵されて短鎖脂肪酸に生まれ変わってくれます。

f:id:korokorohouse:20170823200948j:plain

 

ただし、お酢や食物繊維をどれくらい摂れば腸漏れの改善ができるのか全く分かっていません。

そこで番組では、最初の腸漏れ検査の時に協力してもらって腸漏れの恐れありと判断された53歳の女性の方にもう一度協力してもらい、実際に腸漏れ改善検証をしていました。

 

梅津さんというこの女性の方は、腸漏れ指数が安全値の2倍もあり、しつこい便秘に悩まされていました。

検証といっても簡単、料理にはなるべくお酢を使ってもらい、食物繊維たっぷりの野菜を意識して食べてもらうだけです。

それでは、梅津さんが本当に変われるのか、検証の様子を見ていきましょう。

 

梅津さんの腸漏れ改善検証日記

腸漏れ改善1日目の朝食

f:id:korokorohouse:20170824085914j:plain

お味噌汁にじゃがいもを使っていました。

じゃがいもは、短鎖脂肪酸に変わりやすい水溶性食物繊維が多く含まれているので大正解です。

水溶性食物繊維は、海藻類、山芋、アボカド、オクラなどネバネバした食材に多く含まれています。

サラダのドレッシングには、お酢の中でも短鎖脂肪酸の多いバルサミコ酢を使って一工夫です。

今までの朝食と比べて、明らかに健康に良さそうです。

 

腸漏れ改善1日目の昼食

f:id:korokorohouse:20170824090149j:plain

この日は、取引先からバーベキューに誘われていたため、白ワインビネガーとリンゴ酢を持参です。

牛肉に白ワインビネガーをかけたり、エビや焼きハマグリ、豚肉にもお酢を一振りです。

お酢は料理にちょっと振りかけるだけで、さっぱりして美味しく頂ける便利調味料なんですね。

 

腸漏れ改善1日目の夕食

f:id:korokorohouse:20170824090754j:plain

お酢を食べたいということで餃子に。

もちろんタレはたっぷりのお酢、黒酢にしたようですが家族からは美味しいと好評のようです。

他にも、水溶性食物繊維が豊富なアスパラガスの豚肉巻きや、山芋とオクラの和物など、水溶性食物繊維が豊富に含まれている野菜をしっかり頂きました。

考えてみれば、この食事は梅津さんだけではなく家族全員が同じものを食べるので絶対に健康に良いですよね。

 

腸漏れ改善2日目の朝

f:id:korokorohouse:20170824090945j:plain

さて、検証2日目の翌日の朝、朝食後にリンゴ酢とメイプルシロップのジュースを飲んだ後に早くも変化が……。

何と、何時もは出し切れない感があるお通じがスッと出たそうで、しつこい便秘が解消できたみたいです。

 

腸漏れ改善3日目の変化

f:id:korokorohouse:20170824095615j:plain

さらに腸漏れ改善3日目になると、嬉しいことに体重が確実に減ってきていることが判明。

今までは忙しくて毎日きちんと3食とれていなかったのが、3食しっかりと食べているのにも関わらず体重が減ってきていたんです。

これにはかなり嬉しかったようで、これからも続けていくとのことでした。

 

腸漏れ改善5日間の結果は?

f:id:korokorohouse:20170824095812j:plain

腸漏れ改善チャレンジ最終日、血液検査で血液中の毒素の量を測りました。

この腸漏れ改善チャレンジの前は、安全値の0.1をはるかに超える倍の0.2もありましたが……。

良かった、たったの5日間の検証でも血液中に漏れ出している毒素は、何と0.16まで減っていたんです。

これを毎日欠かさず続けていれば、間違いなく腸漏れは改善していくのではないでしょうか。

 

ただし、ここでちょっと注意点が。

現代人は食物繊維が不足しているので食物繊維を適切に摂って、お酢も摂るのがいいのですが、お酢は過剰に摂りすぎると胃腸障害を起こす場合があるとのこと。

適度な量のお酢を摂ることで、長期的には血液中の毒素の量が改善されていくことが期待できます。

 

皆さんの中で、何だか体調が悪い、便秘に悩まされているという方がいましたら、この腸漏れが原因なのかもしれませんね。

そんな時には、腸の壁を修復することが期待できる、お酢食物繊維を今日からでも試してみることをおすすめします。