動画で分かる家庭の医学

病気や健康に関する動画を紹介しています。健康に役立つ動画も増やしていくのでお楽しみに。

【家庭の医学】熱中症救急対策マニュアル

こんにちは、順天堂大学スポーツ医学の桜庭景植と申します。

熱中症という言葉が社会において盛んに使われるようになりましたが、さて、この熱中症というものがどういうものなのか簡単に説明してまいります。

 


みんなにもできる応急手当~熱中症 - YouTube

熱中症救急対策マニュアル - YouTube

熱中症とは?

高温環境下によって生じる、疾患・障害を総称して熱中症といいます。

高温環境下では発汗により体内の水分や塩分などのバランス、熱の産生と放出のバランスが崩れ、体温調整機能が破綻し、最悪の場合には死に至る恐れのある病態です。

熱中症の基礎知識

まず、熱中症の基礎知識について解説いたします。

暑熱環境において生じたことが明らかで、次のような症状があれば熱中症の疑いがあります。

  • めまい・失神・立ちくらみ
  • 筋肉痛・筋肉の硬直・筋肉のこむらがえし
  • 大量の発汗
  • 高体温
  • 頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
  • 意識障害・けいれん・手足の運動障害

発症後に速やかに正確な処置や治療を行うため、このような症状を元に熱中症は重症度別に分類されています。

Ⅰ度:軽 症:めまい・失神・立ちくらみ・筋肉痛・筋肉の硬直・筋肉のこむらがえし

Ⅱ度:中等症:頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感

Ⅲ度:重 症:意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

 

Ⅰ度:軽症

高温多湿などの暑熱環境下では体表の毛細血管が拡張して体温調節を行います。

その血管の拡張により血圧が低下し、脳への血流が減少することで生じる状態です。

めまい・立ちくらみ・失神が代表的な症状です。

次の段階も軽症に分類されます。

暑熱環境下で汗をかくことにより、水分とともに塩分も失われます。

大量の汗をかきながら水分のみを補給した場合、血液中の塩分濃度が低下し脚や腕などに痛みを伴う筋肉の痙攣が生じます。

こむらがえりや痛みを伴う筋肉の収縮、筋肉の硬直が代表的な症状です。

Ⅱ度:中等症

暑熱環境下で大量の発汗により水分と塩分が過剰に失われることで、脱水のために血流量が減少し体温を維持することができなくなり、体温上昇がおこっている状態です。

全身の倦怠感・脱力感があり、頭痛・吐き気などの症状が現れ意識障害が出はじめます。

Ⅲ度:重症

高度の脱水により体温調節機能が失われ、体温が40度以上になり発汗が止まります。

臓器障害を伴い生命の危険がある状態です。

意識障害・血流の低下・惹きつけなどがおこります。

 

熱中症は日常生活の暑熱環境下で何時でも発症する危険性があります。

炎天下だけではなく、熱のこもった屋内や通気性の悪い屋内での運動・作業時などで特に注意が必要です。

熱中症は一人ひとりが正確な知識を持つことが最良の予防方法です。

これから、予防方法を含めた基礎知識、発症時の救急対応をご紹介いたします。

熱中症の予防

 次に熱中症の予防について解説いたします。

発汗で失われた塩分とミネラルを水分と共に補給するために、スポーツ飲料やカフェインを含まない麦茶などをこまめに補給します。

運動・作業時は15分から20分ごとに1回100mlの補給を目安にしてください。

また、喉が渇く前から水分をとる習慣をつけ、特に運動・作業前には水分補給を心がけましょう。

 

熱中症は屋内でも発症します。

カーテンやブラインド、すだれなどで室内に入り込む直射日光を遮るようにしましょう。

また、室内にこもった熱気を逃がすために、扇風機やエアコンで風をおこし、風の道をつくるために室内のレイアウトも考えてみてください。

トイレや浴室の窓を開け、こまめに換気することも必要です。

 

服装は通気性がよく吸汗・速乾性の高い素材の服を選びましょう。

襟元を開け、熱が体内にこもらないようにすることも大切です。

運動時や作業時には体温上昇を防ぐために、ネッククーラーやクールインナーの着用も効果的です。

また、直射日光を遮り体温上昇を防ぐ機能を備えた帽子やヘルメット用フラップの着用もおすすめします。

日常時での予防

朝食をとること、バランスのとれた食事を心がけることも熱中症の予防につながります。

高温が予想される前日は少し早めにやすみ十分な睡眠をとることが大切です。

また、暑さに体が慣れていないと熱中症にかかりやすいため、本格的に暑くなる前から適度な運動を心がけ、体力の向上だけでなく暑さに体を慣らし汗のかきやすい体をつくりましょう。

 

万が一、熱中症が発症した時、救護の現場に救急車が到達するまでの救護方法をこれから解説してまいります。

まず大切なことはあわてない、そして冷静に発症者を観察し迅速に手当を行うことです。

日頃から救護訓練などを行い、役割分担を決めておけば熱中症の正しい知識を学べるとともに、適切な処置や手当を学べ後遺症の軽減や救命につながります。

熱中症発症時の救急処置

最後に熱中症発症時の対応について解説いたします。

熱中症はまだ大丈夫かなと思っていても急にはっかし意識を失うこともあります。

そのため熱中症が疑われるときには早めの救急処置を行う必要があります。

また、入院による集中治療を必要とするⅢ度・重症かどうかの判断に迷う場合には、表記の症状があるかどうか確認し、一つでも当てはまる場合には速やかに救急隊を要請しましょう。

  • 意識障害(お言葉がおかしい、呼びかけに対応する応答が鈍い、意識がない等)があるか
  • 異常な高体温(皮膚が赤く、渇いている)になっているか
  • 頭痛、めまい、吐き気があるか

熱中症の疑いがある場合、現場での救急処置として、まず涼しい場所に移動させます。

直射日光の当たらない風通しの良い場所や冷房のきいている室内に移動させましょう。

体にこもった熱を放散するために、衣服は脱がすか緩めるかして靴は脱がしましょう。

そして、速やかに体を冷やすために皮膚に直接濡れタオルなどを当てるか霧吹きで水を吹きかけてうちわなどであおぎましょう。

氷や冷却材などがあれば太い血管のある首、脇の下、足の付根に当てて冷やしましょう。

 

発汗によって失われた水分と塩分を冷たいスポーツ飲料や経口補水液などで速やかに補給しましょう。

ただし、吐き気や嘔吐により自力で水分・塩分の補給を行えない場合や意識障害がある場合は点滴による補給が必要です。

速やかに医療機関に搬送しましょう。

 

Ⅱ度・中等症、Ⅲ度・重症の場合は医療機関での治療や管理が必要です。

治療や管理が速やかに行われるためにも熱中症発症時の状況を把握している人が付き添うようにしましょう。

なお、Ⅰ度・軽症であっても症状の改善がみられないには医療機関を受診するようにしましょう。

 

熱中症は体力の低下している高齢者や肥満の人、そして過去に熱中症をおこした事がある人に生じやすいとされています。

また、普段は暑さに強いと思っていても、体調が悪いと体温調整がうまくできずに熱中症になることもあります。

まず、自分の体や生活を見なおして暑さに負けない体をつくること、そして決して無理をしないことが熱中症を減らすことにつながります。