動画で分かる家庭の医学

病気や健康に関する動画を紹介しています。健康に役立つ動画も増やしていくのでお楽しみに。

【家庭の医学】日本人男性のおよそ6人に1人が糖尿病という事実

こんにちは、当ブログの管理人です。

新しく、動画以外にも病気に関する情報をと思って、コラムというカテゴリーを設けました。

ここでは、管理人が気になった情報を書いていきます。

まず、第一弾として糖尿病についてです。

糖尿病患者の統計

厚生労働省の平成25年の「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病と強く疑われる患者を含めた糖尿病患者は男性のおよそ6人に1人となっています。

これは平成9年から増加していて、女性よりも男性が圧倒的に多いという結果が報告されています。

 

さらに、糖尿病予備群と言われているその可能性を否定出来ない方まで含めると、実に4人に1人という恐ろしい割合になっています。

そして、厚生労働省の平成25年の「人口動態統計」によると、この糖尿病で亡くなられた方は男性だけで7,294人にもなります。

f:id:korokorohouse:20150727150224j:plain

出典: 厚生労働省 国民健康・栄養調査(平成25年)

 

糖尿病は身近な病気でありながら、命にも係る恐ろしい病気であることを認識しないと、後で分かった時には手遅れだったみたいなことになりかねません。

糖尿病予備群と分かったら、早めにその対策をとるべきでしょう。

ちなみに、その糖尿病予備群と言われる人は全国に約700万人もいると言われています。

糖尿病予備軍の方の食事

糖尿病は血糖値に大きく関わってくる病気です。

血糖値が高くなると糖尿病になりやすくなり、運動不足だとなおさら進行が早まります。

そのためには毎日の食事が大事となってきます。

  • 炭水化物ばかりの食事は血糖値が上がるので止めること。
  • (ラーメンと焼き飯、カップラーメンとおにぎり、うどんといなり…などの組み合わせ)
  • 野菜やきのこ、ワカメなど食物繊維が多いものは血糖値をコントロールしてくれる。
  • 炭水化物、タンパク質、脂質のバランスのとれた食事。
  • 朝、昼、晩の3食をきちんと食べる。
  • いつものパンの代わりに雑穀パン。
  • 白米の代わりに五穀米、玄米、麦飯など。

とは言っても、一人暮らしの方、特に男性だとそこまで気にして食事はできないと思います。

だからといって、今までのままでは今後の進行に大きく関わってくるのは間違いないでしょう。

 

そこでオススメなのが、テレビのCMなどでやっている食事の宅配サービスです。

職場などでの昼食は仕方がないかもしれませんが、毎日毎日レシピを考える必要はないし、実は金額的にもかなりのコスパにもなるんです。